豆乳で胸が大きくなる?

豆乳で胸が大きくなる?


ここでは

・豆乳で胸が大きくなるって本当?
・どうして豆乳でバストがおっきくなるの?
・たくさん豆乳を飲めばバストアップできる?

についてお話ししています。

豆乳でバストアップできる理由

豆乳がバストアップに効果的なのは、よく知られていることですよね。

では、豆乳のどんな成分がおっぱいを大きくしてくれるのかというと、

大豆イソフラボン

という成分です。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、バストが大きくなるのです。

胸を大きくするための豆乳の飲み方

では、どんな飲み方をしたら、豆乳でより効果的にバストアップできるんでしょうか?

胸を大きくしたくて豆乳を飲むなら、大切なポイントが3つあります。

・豆乳には種類がある
・空腹時に飲む
・寝る前には飲まない

この3つです。

まず、豆乳には、種類があります。

・無調整豆乳
・調整豆乳
・豆乳飲料

無調整豆乳は、大豆を搾ったままの大豆の風味を味わえる豆乳で、大豆イソフラボンがたくさん含まれていることが多いです。

つまり、三種類の中では一番バストアップに効果的だといえますが、その反面、

とても飲みづらい

のです。

大豆の風味が好き!という人やココアやきなこ、シナモン、抹茶などで味を変えて飲めるのなら、無調整豆乳を飲むのがベストでしょう。

牛乳の代わりに料理に使うという方法で摂取するのもオススメです。

でも、どうしても口に合わないという場合には、他の二種類の豆乳の方がいいかもしれません。

他のニ種類の豆乳って?


キッコーマンの豆乳のページ

残りの調整豆乳と豆乳飲料についてですが、調整豆乳はその名の通り、成分を飲みやすく調整した豆乳です。

それぞれの製品によって味がかなり異なるので、自分好みの豆乳を探してみてください。

中には、牛乳に近い味に調整している豆乳もありますから、豆乳の味が苦手という方でも飲みやすいと思います。

ただ、調整している分、大豆イソフラボンが含まれている量が減ってしまっていることも多いので、成分表を確認してどのくらい入っているのかをチェックするのをお忘れなく。

それでも、やっぱり豆乳って飲みづらくてムリ・・・という人にオススメなのが、豆乳飲料です。

抹茶やコーヒー、いちごなど、豆乳に飲みやすく味付けをしてあるので、ジュース感覚で飲むことができます。

甘みがつけられている分、カロリーも増えちゃってますし、調整豆乳同様に、大豆イソフラボンの含有量を確認する必要がありますが、手軽に無理なく続けるなら豆乳飲料でしょう。

いつ飲むの?いつでもいいの?

どの豆乳を飲むか選んだところで、それをいつ飲めばいいの?と思いますよね。

いつ飲んでもいいのですが、できれば、空腹時に飲むのがオススメです。

豆乳を飲むと満腹感が得られるので、食事の前に飲めば食べる量が抑えられますし、間食替わりにもなります。

ダイエットする時って胸から落ちてしまいますが、豆乳を飲んでバストアップとダイエットを兼ねれば、そんな心配も要りません。

ウエストを細くすれば胸を強調できますから、ダイエットのためにも、お腹が空いたら豆乳を飲むようにしましょう。

ただし、寝る前はダメです。

豆乳にはけっこうカロリーがあるので、寝る前に飲むと太ってしまう可能性があります。

お腹が空いて眠れない時に、夜食を食べるくらいなら豆乳を温めて飲むというのもいいかもしれませんが、ホットミルクのように寝る前の習慣にするのはオススメできません。

たくさん豆乳を飲めば胸がおっきくなる?


早く胸を大きくしたい!という気持ちはよくわかりますが、だからって、がぶがぶ水のように豆乳を飲むのはいけません。

大豆イソフラボンの摂取上限は、成人女性で70~80mgといわれていて、過剰摂取するとよくないと考えられているのです。

大豆イソフラボンは豆乳以外にも、納豆や豆腐、味噌、醤油などにも含まれています。

もし、サプリメントも飲むのなら、さらに吸収率が良いので、豆乳を飲む量も調整した方がいいでしょう。

豆乳よりも吸収率がいいサプリ

大豆イソフラボンのサプリメントは、豆乳よりも吸収率がいいため、確実に摂取したい時には、ここに記載したサプリを飲むのもいいかもしれません。

ただ、吸収率がすごくいいので、過剰摂取にはくれぐれも気をつけてくださいね。

特に女性ホルモンの分泌を助けるサプリと一緒に摂ると効果が高まりますので、是非合わせて摂ってください。


>>私がバストアップしていた時に飲んでいたサプリ<<

豆乳で胸が大きくなる?豆乳に胸を大きくする効果があるということはよく知られていることですよね。忙しい人でも簡単に手軽に摂取することができる豆乳にはイソフラボンが多く含まれており、女性ホルモンの働きを助けてくれるのです。1日摂取しても良いされているイソフラボンの量は約50mg~80mgです。そのため、豆乳ならば150mlを亜移植ごとに摂取しても大丈夫なのです。しかし、サプリメントなどによって過剰に摂取してしまうと、乳がんになるリスクが高くなってしまったり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。豆乳や普段の食事からイソフラボンを摂取するぶんには摂りすぎてしまっても、自然と体外へと排出されるようになっているため神経質になる必要はりません。また、無調整豆乳は苦手という人が多いと思いますが有効成分を多く含んでいるため効率的に摂取したいのであれば、無調整豆乳のほうが良いでしょう。飲む時間帯ですが食事前に飲むと食事量も抑えることができるので良いかもしれませんね。豆乳は意外とカロリーの高いものですので寝る前に飲むのは避けるようにしたほうが良いでしょう。

当サイトの人気記事

関連記事