月別アーカイブ: 2013年8月

筋トレで胸を大きくする?

胸の脂肪を支えているのは大胸筋と呼ばれる筋肉です。

この大胸筋を鍛えることで胸が垂れてしまうのを防止したり、きれいにバストアップすることができます。

そのためには腕立て伏せをすると良いのですが、女性ではなかなかできないという人もいるでしょう。

そういった人は膝をついて肩幅よりも広く腕を床につけます。

広く手をつくことで大胸筋への刺激がより高まります。

そして顎が床につく程度にまでゆっくりと体を下していき、ゆっくりともとに戻します。

この時にしっかりと大胸筋を意識して行うようにしましょう。

それでもキツイという人は両方の手のひらを胸の前で合わせ、力をこめて押し合わせるという方法もあります。

合わせた手を左右にゆっくりと移動してみましょう。

 
バストアップエクササイズ
しっかりと大胸筋を意識することを忘れないようにしてください。

ほかにも500mlのペットボトルに水を入れたものを2本使ったものもあります。

仰向けになり、両手にペットボトルを持ち腕を横に広げます。

そのまま腕を上げて顔の前で両腕を合わせます。

この時に肘は伸ばしたままにしましょう。

これらの筋トレを行うことで綺麗にバストアップを目指しましょう。

短期間で胸を大きくする方法がある?

胸を大きくするためには大豆イソフラボンを摂取すると良いとされています。

さらに筋トレやマッサージを行うことで効率的に胸を大きくすることができます。

しかし、この方法では3ヶ月ほどかかってしまい途中であきらめてしまう人も多いようです。

そんな人のために2週間ほどで効果が実感できるというサプリメントも存在します。

しかし、安いものではないうえに飲み続けなければ効果がなくなってしまいます。

また、飲みすぎにも注意が必要となります。

 
DVDやリンパトリートメントがいい?
そんな中、1ヶ月で2カップも胸を大きくすることができるというDVDが人気となっています。

バストアップラボというものでリンパトリートメントと呼ばれる方法で簡単に胸を大きくすることができます。

偏った食事やストレス、運動不足などが原因となり、リンパに老廃物が溜まってしまいます。

すると様々な不調を起こしたり、胸へも栄養が届かなくなってしまうのです。

リンパトリートメントを行うことでリンパの流れを良くして効率よくバストアップできるようにしましょう。

胸を大きくするブラジャーがある?

胸を大きくするブラジャーについて


ここでは

・胸を大きくする(大きくなる)ブラジャー
・おっぱいをでかくするブラ
・バストを大きく見せるバストUpBura

などについて解説しています。

胸を大きくするブラジャーってどんなの?

一般的にバストアップブラというと以下のような機能となります。

・寄せて上げて大きく見せるタイプ
・寝ている間にバストが崩れないようにするタイプ
・長期間つけておきバストそのものを大きくするタイプ

の3種類です。

寄せてあげて大きく見せるタイプは以前から人気のバストアップブラというやつですね。

有名なのはトリンプの2CUPアップブラなどです。

トリンプ公式サイト

価格も2、3千円で、そんなに高くないですし、近くのショップでも普通に売っています。

ワコールのナイトアップブラ

次に「寝ている間にバストが崩れないようにするタイプ」ですがこれはナイトブラと呼ばれているブラジャーです。

有名なのはワコールのナイトブラでしょうか。

ワコール公式サイト

あなたもご存知のようにバストは寝ている間に重力の影響を受けます。

これは胸のサイズが小さくてもです。

それを最小限に抑えるのがナイトアップブラです。

ブラデリスの補正下着

最後に「長期間つけておきバストそのものを大きくするタイプ」ですが、

これは数ヶ月の長い間かけて育乳用のブラをつけておき、バストそのものを育てる(矯正?)補正下着です。

一時はやったのが、ニューヨークのブラデリスですね。

ブラデリス 公式ページ

ここの特徴は3ステップで

STEP1 ベース作り
STEP2 バスト容量の確率
STEP3 バスト、デコルテの確立

より大きい胸を作るというイメージです。

表参道や心斎橋に直営がありますので、興味があれば一度いってみてもいいのではないでしょうか?

価格はピンきりですが大体1万円前後となります。

ブラ選びよりも大切なもの

バストアップに有効なブラジャーは確かにありますが、やはり大切なのはバストに有効な成分を同時に摂取ることです。

結局、体の中から大きくしなければ、形が崩れたりしてしまい、返って垂れたお胸になる可能性があるからですね。

こちらに私が飲んでいたサプリについても記していますので参考になさってください。


>>私がバストアップしていた時に飲んでいたサプリ<<

バストアップのための商品はサプリメントやマッサージクリームなど色々とありますが、何よりもブラジャーが効果的です。胸は寝ている間に背中のほうへと流れて行ってしまいます。そのため、流れてしまったお肉を元の位置へと戻すようにしなければ胸は小さくなってしまうのです。それを防ぐためにバストアップブラジャーがあります。普通のブラジャーよりもしっかりとしたパットやワイヤーによって背中のほうのお肉も胸のほうへと持ってきてホールドします。夜も同様にブラジャーで固定して寝るほうが良いのですが、普通のブラジャーでは窮屈に感じてしまったり、寝がえりの際にワイヤーで肌を傷つけてしまう可能性もあります。そのため夜用のブラジャーもあります。しめつけ感がないのに背中へ流れてしまうのを防いでくれるものです。高い矯正下着を使うよりも普段からつけている自分に合ったサイズのブラジャーを正しくつけることで自然とバストアップができるのです。

胸を大きくするツボがある?

胸を大きくするためのツボが存在することをご存じでしょうか。

時間のあるときに自分でできるためお金もかからず自然とバストアップできるため様々なツボを試してみると良いでしょう。

天溪(てんけい)はバストケアの代表的なツボであり、乳腺を発達させてくれます。

場所は乳首から外側に移動し、骨と骨の間に位置し、左右にあります。

押すと痛みを感じる場所がそうですね。

左右同時にゆっくりと押してみましょう。

だん中(だんちゅう)は美肌にも効果のあるツボで女性ホルモンの働きを促します。

左右の乳首を結んだ真ん中に存在し、こちらも押すと痛みを感じるでしょう。

3秒間押してゆっくりを指を離しましょう。

 
リンパの流れでバストアップする
乳根(にゅうこん)は女性ホルモンの分泌や母乳の出を良くします。

また、リンパの流れも良くしてくれます。

乳頭から指2本下の第五肋骨間にあり、3秒間押し、ゆっくりと離しましょう。

これらのツボを刺激するときには息をゆっくりと吐きながらツボを押します。

そして息をゆっくりと吸いながらゆっくりと指を離していきます。

入浴中や入浴後の体の温まっている状態で行うようにすると良いでしょう。

ただし、お酒を飲んだあとや体調のすぐれないとき、妊娠中は控えるようにしましょう。

胸を大きくする手術とは?

胸が大きくする手術にはどんなものがあるの?


ここでは

・胸を大きくする手術にはどんなものがある?
・手術でバストアップするのにかかる費用
・豊胸手術って安全なの?

についてご説明しています。

胸を大きくする手術でよく行われているのは?

豊胸手術には色々なやり方がありますが、

・シリコンバッグを入れる
・PPP+PRPジェル豊胸
・脂肪やヒアルロン酸を注入する

これらの3つが特によく行われている方法です。

胸にシリコンバッグを入れるのは切開が必要ですし、以前に比べると格段に安全性が向上しているとはいっても、体に異物を入れることには変わりありません。

ただ、10年保障をつけている美容外科もあるくらい、バストアップ効果が長持ちするのは魅力ですね。

それに、元の胸の大きさに関係なく、好きな大きさにできますから、貧乳から巨乳になることもできます。

まぁ、あんまり極端に大きくすると、手術したって周りの人にバレちゃいますけどね・・・(10年が長いか短いかも、微妙なところですし)。

切らない豊胸手術って胸は大きくなるの?

近年では、医療技術が向上しているので、切らない豊胸手術でも胸を大きくできます。

例えば、PPP+PRPジェル豊胸は、献血豊胸とも呼ばれている最近人気の手術方法です。

自分の体から血液を抜いて、PPP(少血小板血漿)とPRP(多血小板血漿)に熱処理を加えてジェルにして、胸に注入します。

切らなくていい上にアレルギー反応が出にくいですし、柔らかくて自然なバストになります。

ただし、ヒアルロン酸などよりも

体内に吸収されてしまう速度が速い→効果の持続期間が短い

というのが大きな欠点です。

脂肪を注入する方法は、脂肪を抜くので、部分痩せもできて胸も大きくなる一石二鳥の手術法ですが、この方法もPPP+PRPジェル豊胸と同じく、いずれ体内に脂肪が吸収されます。

ヒアルロン酸を注入するのも手軽なのでよく行われていますけど、思った以上にすぐにしぼむため、後悔する人が多いみたいですね。

バストアップ手術っていくらかかるの?


昔よりは安くなったとはいえ、胸を大きくする手術ってお金がかかります。

例えば、胸にシリコンバッグを入れる場合、両方で25万円くらいが相場でしょう。

中に入れるシリコンバッグを良いものにすればするほど、手術費用は高額になり、70万円以上かかることもあります。

また、PPP+PRPジェル豊胸は、約10万円が相場です。

脂肪注入は、脂肪吸入に40万円くらいかかり、さらに、胸への脂肪注入費用が35万円くらいかかるので、75万円くらいが相場でしょう。

1ccで1700円~2700円くらいが相場のヒアルロン酸注入は、100cc注入すると17万円から27万円程度かかります。

どんな手術方法でバストを大きくするにしても、かなりの出費を覚悟する必要がありますね。

胸を大きくする手術って危険じゃない?

手術っていうと、安全なのかな?受けてから後悔したりしないかな?と心配になるかもしれません。

美容外科のサイトなどをみると、安全性がこれでもかと強調されていますが、実際のところ、どんな手術でも絶対に安全だとはいえないものです。

抗生物質が合わなかったり、感染症にかかったり、注入したものに拒絶反応が起きる可能性だってゼロではありません。

また、手術した後のバストの形や手触りに満足できないというケースも多いです。

中には、胸を触った時の違和感から彼氏が乳がんじゃないかと心配して、豊胸手術がバレてケンカになって別れてしまったなんていう悲しい話も・・・。

手術の結果に個人差があるというのも、非常に悩ましいところですよね。

つまり、豊胸手術はかなりのリスクがある

確実に胸を大きくできる豊胸手術ですが、どんな方法を選んでもかなりのリスクがあります。

「一時的に大きくなったけど、すぐに元に戻ってお金をムダにした。」

「手触りや形が気に入らなくて、受けたことを後悔している。」

ちょっと検索すれば、そんな後悔の声をたくさん見つけることができるでしょう。

イチかバチかトライしてみるのも一つの選択ですが、まずは地道に、

栄養バランスが取れた食事を心がけたり、睡眠をしっかりとったり、マッサージをしてみる

という選択もあります。

その上で、バストアップサプリを飲むと、胸が大きくなったという実感が得られるかもしれません。


>>私がバストアップしていた時に飲んでいたサプリ<<

胸を大きくする手術とは?様々な豊胸手術の方法がある中で一番古くからある方法がシリコンバックによるものです。あまり目立たないように脇の下や乳房の下を切ってシリコンバックを挿入します。このシリコンバックにも様々な種類のものがあります。それぞれに良いところや悪いところがあるようです。脂肪注入法は自身の腿やおなか、お尻などの脂肪を胸へと注入する方法で、不要な脂肪も減らせると人気のあるものです。またアレルギーを起こしてしまう心配が少なく、安全とされています。しかし、脂肪吸引と脂肪注入の施術となるため費用や時間がかかってしまいます。一番手軽に受けることができる豊胸手術がヒアルロン酸の注入です。アレルギーの心配もなく安全性の高い、体内にあるヒアルロン酸と同じものを胸へ注入します。メスを使わず、施術時間も短いのが良いですね。筋肉痛程度の痛みを感じる人もいますが、すぐに通常の生活を送ることができます。レントゲンに映ってしまう心配もありません。しかし、それなりの金額がかかってしまうことと体内に吸収されてしまうため、持続期間が2年ほどと短いようです。PPP+PRPジェル豊胸という方法もあります。PPPとPRPというのは血小板のことを言い、自分の血液を遠心分離機にかけて特殊な方法でジェル状にし、注入します。メスを使わず、アレルギーも起こりにくい方法です。ハイブリッド豊胸といってシリコンバック挿入後にその輪郭に自身の脂肪を注入することで自然に見えるようにするという方法もあります。費用やメリット、デメリットを考えて選択するようにしましょう。

胸が大きくなるマッサージ方法とは?

マッサージによって血行が良くなると胸を大きくするために必要な女性ホルモンや乳腺を発達させるための成分をスムーズに乳腺へと運んでくれるようになります。

また、マッサージすることで筋肉にも刺激が与えられて、胸にハリが出て美しく保つことができます。

胸を大きくする以外にも左右の大きさが違う胸や、産後に垂れてしまった胸にも良い効果が期待できます。

マッサージするにあたり、やさしく包み込むように下から上へ、外側から内側へと行うのが基本です。

また、体の暖まっている入浴中や入浴後に、肌を傷めないようにオイルやクリームを使って行うようにしましょう。

 
バストアップマッサージのコツ
まず、外側から内側へ手のひらでバスト全体を持ち上げるように円を描くようにマッサージします。

この時にそれぞれ逆の手で行うようにするとやりやすいでしょう。

次に両脇から背中のほうのお肉も前へと寄せるように流してきます。

片方の胸を両手を使って交互にすくうように下から上へと持ち上げます。

最後に胸の上部に手をおき、親指以外の指で鎖骨に向かって皮膚を引き上げるように流しましょう。

これを1日1回、10分~15分行うようにするだけで魅力的な胸へと近づくことができます。

キャベツで胸が大きくなる?

キャベツで胸が大きくなる?


ここでは

・キャベツでおっぱいが大きくなるのか?
・どんな成分でおっきくなるのか?
・本当にきゃべつでバストアップできるのか?

について解説しています。

キャベツが胸を大きくする2つの理由

きゃべつが胸にいいという理由は以下の2つが考えられます。

・ボロン(ホウ素)というエストロゲンを刺激する成分が入っている
・プロラクチンの分泌を促す

まずボロンですがキャベツにはボロンという成分が入っています。

別名ホウ素と呼ばれるこのボロンという成分ですが、この成分は女性ホルモンのエストロゲンを分泌させることで知られています。

ご存知のようにバストアップには

エストロゲン
プロゲステロン

の2種類の女性ホルモンを出して、体の中から大きくすることが重要ですので、その部分に効果があるということですね。

プロラクチンの分泌を促してバストアップ

次に「プロラクチンの分泌を促す」ですが、

プロラクチンとは脳の視床下部からでる乳腺を発達させておっぱいを多く出しなさい!という命令を下すホルモンの事をさしています。

通常、このホルモンは、妊娠したとき、赤ちゃんを産んだときに活発に働くため、普段は喉の甲状腺で抑制されているのですが、キャベツに含まれるゴイトロジェンという物質をとることにより、これが和らぎます。

つまり、キャベツを摂ることでプロラクチンの分泌を促すという効果があるということです。

結果的にキャベツを摂ることでバストアップに効果があるといわれるわけですね。

いつ?どうやって?どれだけ食べるといい?

で、問題はいつ?
どうやって?
どれだけキャベツを食べればいいの?

という話ですが、まずボロンは加熱すると成分が崩れます。

そのため食べるときは極力ナマがお勧めです。

またいつ?というのは特にいつ摂っても効果は変わりませんが、食前に食べるとダイエット効果が高まりますのでオススメです。

後、食べる量なんですが、理想は1日1個(笑)です。

そんなにムリ!

でしょうから(私もムリでした)

基本的にはサプリと併用して2、3日に1個ペースで食べていくのが、効率的だと思います。

キャベツと一緒に摂りたいサプリ

キャベツと一緒に摂取することで効果のあるサプリについてこちらに記しておきました。

特に女性ホルモンの分泌を助けるサプリと一緒に摂ると効果が高まりますので、是非合わせて摂ってください。


>>私がバストアップしていた時に飲んでいたサプリ<<

キャベツの中にはボロンと呼ばれる栄養素がとても豊富に入っています。ボロンは女性ホルモンのエストロゲンの分泌を活性化させ、乳腺に働きかけて脂肪を増加させます。脂肪でできている胸は、この増加した脂肪によって大きくなるのです。しかし、そのためにはキャベツ丸々1玉を毎日食べなくてはなりません。キャベツは千切りで食べたり、炒め物やボイルなど様々な調理法がありますよね。そのため摂取しやすいと思いますが、ボロンは熱に弱いため加熱調理をしてしまうと十分な効果が発揮できなくなってしまいます。ですから胸を大きくするためには生で食べるほかないようです。生で丸々1個を毎日と考えるととても続けるのは大変なことですよね。そうなるとサプリメントのほうが効率的に胸を大きくすることができるでしょう。しかし、サプリメントの場合には摂取のし過ぎに注意が必要です。なるべくは食事で摂取するようにして、足りない分を補うためにサプリメントを使用するといったかたちにしましょう。

豆乳で胸が大きくなる?

豆乳で胸が大きくなる?


ここでは

・豆乳で胸が大きくなるって本当?
・どうして豆乳でバストがおっきくなるの?
・たくさん豆乳を飲めばバストアップできる?

についてお話ししています。

豆乳でバストアップできる理由

豆乳がバストアップに効果的なのは、よく知られていることですよね。

では、豆乳のどんな成分がおっぱいを大きくしてくれるのかというと、

大豆イソフラボン

という成分です。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、バストが大きくなるのです。

胸を大きくするための豆乳の飲み方

では、どんな飲み方をしたら、豆乳でより効果的にバストアップできるんでしょうか?

胸を大きくしたくて豆乳を飲むなら、大切なポイントが3つあります。

・豆乳には種類がある
・空腹時に飲む
・寝る前には飲まない

この3つです。

まず、豆乳には、種類があります。

・無調整豆乳
・調整豆乳
・豆乳飲料

無調整豆乳は、大豆を搾ったままの大豆の風味を味わえる豆乳で、大豆イソフラボンがたくさん含まれていることが多いです。

つまり、三種類の中では一番バストアップに効果的だといえますが、その反面、

とても飲みづらい

のです。

大豆の風味が好き!という人やココアやきなこ、シナモン、抹茶などで味を変えて飲めるのなら、無調整豆乳を飲むのがベストでしょう。

牛乳の代わりに料理に使うという方法で摂取するのもオススメです。

でも、どうしても口に合わないという場合には、他の二種類の豆乳の方がいいかもしれません。

他のニ種類の豆乳って?


キッコーマンの豆乳のページ

残りの調整豆乳と豆乳飲料についてですが、調整豆乳はその名の通り、成分を飲みやすく調整した豆乳です。

それぞれの製品によって味がかなり異なるので、自分好みの豆乳を探してみてください。

中には、牛乳に近い味に調整している豆乳もありますから、豆乳の味が苦手という方でも飲みやすいと思います。

ただ、調整している分、大豆イソフラボンが含まれている量が減ってしまっていることも多いので、成分表を確認してどのくらい入っているのかをチェックするのをお忘れなく。

それでも、やっぱり豆乳って飲みづらくてムリ・・・という人にオススメなのが、豆乳飲料です。

抹茶やコーヒー、いちごなど、豆乳に飲みやすく味付けをしてあるので、ジュース感覚で飲むことができます。

甘みがつけられている分、カロリーも増えちゃってますし、調整豆乳同様に、大豆イソフラボンの含有量を確認する必要がありますが、手軽に無理なく続けるなら豆乳飲料でしょう。

いつ飲むの?いつでもいいの?

どの豆乳を飲むか選んだところで、それをいつ飲めばいいの?と思いますよね。

いつ飲んでもいいのですが、できれば、空腹時に飲むのがオススメです。

豆乳を飲むと満腹感が得られるので、食事の前に飲めば食べる量が抑えられますし、間食替わりにもなります。

ダイエットする時って胸から落ちてしまいますが、豆乳を飲んでバストアップとダイエットを兼ねれば、そんな心配も要りません。

ウエストを細くすれば胸を強調できますから、ダイエットのためにも、お腹が空いたら豆乳を飲むようにしましょう。

ただし、寝る前はダメです。

豆乳にはけっこうカロリーがあるので、寝る前に飲むと太ってしまう可能性があります。

お腹が空いて眠れない時に、夜食を食べるくらいなら豆乳を温めて飲むというのもいいかもしれませんが、ホットミルクのように寝る前の習慣にするのはオススメできません。

たくさん豆乳を飲めば胸がおっきくなる?


早く胸を大きくしたい!という気持ちはよくわかりますが、だからって、がぶがぶ水のように豆乳を飲むのはいけません。

大豆イソフラボンの摂取上限は、成人女性で70~80mgといわれていて、過剰摂取するとよくないと考えられているのです。

大豆イソフラボンは豆乳以外にも、納豆や豆腐、味噌、醤油などにも含まれています。

もし、サプリメントも飲むのなら、さらに吸収率が良いので、豆乳を飲む量も調整した方がいいでしょう。

豆乳よりも吸収率がいいサプリ

大豆イソフラボンのサプリメントは、豆乳よりも吸収率がいいため、確実に摂取したい時には、ここに記載したサプリを飲むのもいいかもしれません。

ただ、吸収率がすごくいいので、過剰摂取にはくれぐれも気をつけてくださいね。

特に女性ホルモンの分泌を助けるサプリと一緒に摂ると効果が高まりますので、是非合わせて摂ってください。


>>私がバストアップしていた時に飲んでいたサプリ<<

豆乳で胸が大きくなる?豆乳に胸を大きくする効果があるということはよく知られていることですよね。忙しい人でも簡単に手軽に摂取することができる豆乳にはイソフラボンが多く含まれており、女性ホルモンの働きを助けてくれるのです。1日摂取しても良いされているイソフラボンの量は約50mg~80mgです。そのため、豆乳ならば150mlを亜移植ごとに摂取しても大丈夫なのです。しかし、サプリメントなどによって過剰に摂取してしまうと、乳がんになるリスクが高くなってしまったり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。豆乳や普段の食事からイソフラボンを摂取するぶんには摂りすぎてしまっても、自然と体外へと排出されるようになっているため神経質になる必要はりません。また、無調整豆乳は苦手という人が多いと思いますが有効成分を多く含んでいるため効率的に摂取したいのであれば、無調整豆乳のほうが良いでしょう。飲む時間帯ですが食事前に飲むと食事量も抑えることができるので良いかもしれませんね。豆乳は意外とカロリーの高いものですので寝る前に飲むのは避けるようにしたほうが良いでしょう。

胸を大きくするサプリメントとは?

胸を大きくする効果のあるサプリメントは様々な種類のものが出ていますよね。

そういったサプリメントに含まれているプエラリア成分はエストロゲンを活性化する成分がとても強いため、過剰摂取にならないように注意が必要です。

エンジェルアップというサプリメントはリピーター率が87%となっており、イソフラボンが大豆よりもはるかに多く含まれているのです。

レディースプエラリア99%というサプリメントは様々な雑誌にも取り上げられ、多くの女性に注目されています。

お客様相談室では女性スタッフのみが対応をしているため、気軽に安心して相談することができます。

 
7年売れ続けているサプリ
グラマーは発売から7年経った今でも売れ続けているサプリメントです。

ブラックコホシュというハーブや植物プエラリア、調味料としても使われているチェストベリーなどが成分として使用されています。

女性の体のバランスが乱れてしまっているのをこのサプリメントが整えて、自然に戻して美しくしてくれます。

これらのサプリメントはうぐに効果の表れる人と、飲み続けることで徐々に効果が表れる人と様々です。

個人差がありますのでしばらくは続けてみるようにすると良いでしょう。

胸が大きくなる食べ物は?

胸を大きくするために摂取すると良い食べ物があります。

日常生活の中でも十分に取れるタンパク質は胸を大きくするためにとても効果的なものです。

たとえば、鶏肉や豚肉、牛肉といった肉類はダイエットをしている人は控えてしまいがちですが、タンパク質が多く含まれているのです。

また、卵や乳製品、豆類もタンパク質が多く含まれています。

そんな中でもマグロは必須アミノ酸が含まれているため、すすんで摂取すると良いでしょう。

ほかにも女性ホルモンによく似た働きをすることで人気の大豆イソフラボンも摂取するようにしましょう。

豆乳や豆腐、納豆や味噌汁と毎日摂取しやすいものが多いですね。

 
ボロンが効果的?
胸を大きくするためのボロンという成分が含まれた食材もあります。

キャベツやリンゴ、わかめやとろろ昆布、寒天などに多く含まれており、エストロゲンの分泌を促す効果があります。

代謝を良くするために玉ねぎや人参、ごぼうなどの根菜も良いでしょう。

これらの食べ物で本当にバストアップするのかと半信半疑の人もいると思いますが、バランスの良い食事をとることがバストアップにつながります。